Profile

 犬飼 裕哉

Inukai Yuya

ピアニスト/即興演奏家

「アートで心にプラスの変化を。」

1994.1.18 愛知県一宮市(旧:尾西市)生まれ
10歳でピアニカに夢中になったことをきっかけにピアノを始める。

 

音楽高校、音楽大学に進学してクラシック音楽を学びながら、独自のアーティスト活動を開拓。


現在はクラシック、ポップス、即興演奏などジャンルレスに様々なシーンで演奏活動をしている。

アートとのコラボ、アウトリーチ、地域に根ざしたアート活動、企画プロデュース等、人や社会にプラス変化をもたらす精神を軸に、多岐にわたって活動を展開中。

 

一宮市立尾西第三中学校

愛知県立明和高等学校 音楽科

愛知県立芸術大学音楽学部 ピアノコース

愛知県立芸術大学大学院音楽研究科博士前期課程鍵盤楽器領域

を経て現在はフリーランスのピアニストとして活動中。

 

これまでに古川安美、広野和子、松本総一郎各氏に師事。藤原由紀乃、関本昌平のプライベートレッスン・公開レッスンを受講。

アートコラボ/即興演奏

他のジャンルの芸術とのコラボレーションが好きで、即興演奏を活かした独自のパフォーマンス活動をしている。

 

即興演奏は10歳でピアニカで遊びだした頃から独自に身につけた。

作品や場の雰囲気から受けたインスピレーションによる即興演奏、場に合わせたBGM演奏など、

様々なシチュエーションにおいて五感の多くを刺激する空間芸術としてのパフォーマンスをしている。

 

《コラボしたアート》

日本舞踊

ダンス

パーカッション

絵本

朗読

映像

絵画

立体造形

インスタレーション

お茶菓子

お酒

織物

パリコレクション出品作家のファッションショー など 

 

《演奏した場所》

コンサートホール

ギャラリー

カフェ

レストラン

ホテル

旅館

古民家

野外劇場

のこぎり屋根工場

神社

ショッピングモール

など

 

 

一宮市の織物工場を再活用したイベントスペース「のこぎりニ」の紹介として、NHKほっとイブニングに出演。生中継で即興演奏が放送された。

 

出演

・第5回アジア文化芸術祭

・山の広場芸術祭2016「身体という大地より」

・展覧会 それでも僕らが旅にでる理由 AmaMo(s)「音の公開制作」

JUNKO MAEDA 2018 Spring&Summer Collection

他。

アウトリーチ活動

2017年より梶田美香氏の指導の下でアウトリーチ活動を始める。これまでに0歳~園児、小学校、学童保育、病院、デイケアセンターなど、対象者や場に応じた企画プロデュース演出・演奏を行い、新聞に多数掲載。5/Rホールにて「犬飼裕哉の音でたのしむ絵本コンサート」シリーズ好評開催中。

 

2017年 中村由加里氏と共に一宮市アウトリーチ事業団体「みぢかむじか」を立ち上げ、子どもたちに音楽を届ける活動を始める。「FMいちのみや」出演。

 

2017年-2020年 同じく中村由加里氏と共に一宮市レジデンスアーティストに選出。3年間にわたり市民会館コンサートや小学校アウトリーチコンサートを企画・開催予定。中日新聞、中日ホームサービスに掲載。

 

2019年度より愛知県立芸術大学「病院アウトリーチプロジェクト」に携わる。コーディネータ及びメンターとして大学院生の指導にあたる。

もっと自己紹介

好きな食べ物:肉・魚 特にうなぎ(だいたいのものは好き) ジンジャエール

好きなもの:自然(森 海 空 など) 素材(皮革 木 金属 和紙 布 麻 など) リラックス・癒やし テーラードジャケット 

好きなこと:レザークラフト 水泳

好きな言葉:想像 創造 振動 心動

座右の銘:今を生きる・楽しむ 感謝 ポジティブ 逆境は栄養


© 2017 犬飼裕哉